忍者ブログ
イギリス留学の近況報告兼備忘録。
  • « 2017.10.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
[37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [39]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パリ旅行3日目part2、モンマルトル&凱旋門!(Part1はこちら

映画『アメリ』の舞台ともなったパリで一番高い丘、
モンマルトルと「お~シャンゼリ~ゼ~♪」なんて歌った
人も多い(?)のではないかと思うシャンゼリゼ通り、
その先にある凱旋門に行って2007年カウントダウンして
きました!

今回はいつもにまして写真たくさんUPしました!

午後は、パリで一番高い丘・モンマルトルへ向かう。

ピカソやユトリロ、モディリアーニ、マティス、ルノワール、
ドガ、ロートレック・・・と一度は耳にしたことのある画家
たちがゾロゾロと集まってきてた場所。

また、社会の教科書に絶対出てくるフランシスコ・ザビ
エルさんとイエスズ会結成の誓いを立てた場所でもある。

そんな歴史とは違って、パリでも有数の観光名所となって
雰囲気は変わってしまっているのだろうけど、テッペンに
登るまで狭い路地にビッシりとカフェやらお土産屋さんやら
が並んでいて歩いてて楽しかったです。


今でも沢山の画家さんが商売してる。丘や寺院、街の風景を
描いて露天商売する他、街行く人を捕まえては似顔絵を描く
など、芸術の町の名残がある。


サクレ・クール寺院。丘のテッペンに立つ真っ白い寺院。


パリ一の高さである丘から見下ろした町の風景。


丘を登る途中にあった家。可愛らしいので記念に撮って
おきました。壁にはウサギの絵があってまたまたキュート。

調べてみたところ、これはフランス語で"はねうさぎ"という
意味である「Au Lapin Agile(ラパン・アジル)」という名
のシャンソニエ(シャンソンを楽しみながら飲める酒場)
だそうで、かつてはピカソやユトリロ(モンマルトルの街の
絵をいっぱい描いた画家)らが飲みながら熱く語り合った酒場。

ちなみにこの十字路はさんで右側が秋には収穫祭が行われる
ブドウ畑で、左手後方はユトリロの眠るサン・ヴァンサン墓地
だそうです。あの塀の向こうは墓地だったのか~。

   *********************

お次は、モンマルトルの麓編。

こちらは丘とは打って変わって俗世界に突入。


赤い風車が目印のムーラン・ルージュをはじめ、この通り一帯が
キャバレーやらセックスショップ等ががズラリと並んぶ風俗歓楽
街となっております。

とはいっても、私が行ったのはまだ日が沈む時間帯の前だった
ので、街行く人は観光客ばかり。キャバレーの看板に写る、
あられもない姿の金髪美女たちを指差して盛り上がる若者や、
歩いても歩いても止まないセクシー攻撃に目を丸くしっぱなし
のご老人(とそれをなだめる奥方)、親に手を引かれながら
興味津々で直視しないまでも気になって仕方がないっといった
風のお子様まで、三者三様の通行人に歩いてて飽きなかった笑

ロートレックが描くポスターの雰囲気が好きなんですが、実物
は想像をはるかに超えるんだろうなーと思わされました。

(ちなみにキャバレーで行われるフレンチ・カンカン。曲は
運動会のBGMなんかでよく使われる『地獄のギャロップ』が最も
カンカンを思い起こさせるもの(Wikipedia調べ)だそうで、
「カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文○堂~♪」を踊る
子豚(じゃなくて小熊だそうです)たちも同じカンカンを踊って
いたのかと思うと急に無邪気に喜んでみてた子供時代が懐かしく
思えました笑)


ムーラン・ルージュ前にあった交差点にて。円形の網格子に
なっていて、下から強い風が吹き上がっていた。ちなみに、
その上に乗っている人たちは一般観光客です。(一応)

    *******************

12月31日は大晦日!2007年の幕開け前日です。
せっかくなのでホステルに篭っているのももったいないと
思い、凱旋門で年明けを迎えることに決定。


凱旋門。周辺は武装した警察官がたくさん!シャンゼリゼ通り
から脇にそれた小道まで警官が目を光らせてました。


シャンゼリゼ通りの凱旋門じゃない方面。12月31日 Part1で
行ったコンコルド広場の観覧車がライトアップされて綺麗。


カウントダウン直前。シャンゼリゼ通りが満員電車状態!

そして、いよいよ年明け!・・・と気がまえてたら何時の間に
やらカウントダウン終了していたようで、あちこちで祝い、
シャンパンの蓋を開ける音が。(1つが頭にヒットした。痛)
手持ち花火や小さめの花火が上がってたりしたが、今年は
雨の影響か盛大な花火はなかった。少し拍子抜けしつつ、近く
にいたおじさんが「Wonderful,wonderful!」と話しかけてきた
ので(何がワンダフルなのかよく分かんないけど)ひとり
めでたい気分になって終電の心配もあったので早々とその場を
引き上げた。

   ********************

こんな感じで2006年終了~!2007年もよろしくお願いします^^
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:
きう
職業:
元・学生
趣味:
映画と旅
イギリス留学の思い出日記。
(2005年8月~2006年6月)
海外旅行の日記もあります。
コメントいつでも大歓迎!
ブログ内検索
バーコード
忍者ポイント広告
Copyright © plus Q +++++ イギリス留学日記 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]