忍者ブログ
イギリス留学の近況報告兼備忘録。
  • « 2017.10.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
[36]  [35]  [34]  [33]  [39]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パリ旅行3日目(長くなったので前編後編に分けた)Part1、
パリを流れるセーヌ川に浮かぶシテ島にあるノートルダム
大聖堂とマリーアントワネットが処刑されたコンコルド広場
に行ってきました。

今回は行った場所が名前知っている程度だったので、自分
の勉強も含めて歴史とか有名どころとか説明的になっちゃっ
たかも。みなさんもご一緒に勉強しましょ!
(という割には中途半端な説明かも・・・)


セーヌ川とノートルダム大聖堂。シテ島。

この地域一帯は「パリのセーヌ河岸」の名で世界遺産登録され
ている(1991年)。
ノートルダム大聖堂はローマ・カトリック教会でゴシック建築
を代表する建物のひとつ。1163年着工、1215年完成。
ディズニーアニメにもあった「ノートルダムの鐘」の原作、
「ノートルダム・ド・パリ」(ヴィクトル・ユーゴー,1831)
という小説の舞台でもある。
1804年にナポレオン・ボナパルトの戴冠式が行われた。
(またまた by Wikipedia)


ゴシックゴシック。人の彫刻だらけ。それぞれ違う形している。
3つの扉の上部も人で埋め尽くされてる。


4人台座に立って並んでるうち一番左の人だけ人間台座にしちゃっ
てるよ!!


(電器とかぶったけど)バラ窓のステンドグラス。綺麗~


コンコルド広場のオベリスク。

続いてコンコルド広場へ向かう。

コンコルド広場はルイ15世の時代に作られ当時「ルイ15世広場」
と呼ばれていたが、1789年に勃発したフランス革命以降は、
「革命広場」と呼ばれるようになる。革命期にはルイ16世、
マリー・アントワネットが処刑される。1833年にはエジプトの
ルクソール神殿から高さ23メートルのオベリスク(神殿に
建てられた記念碑)が贈られコンコルド(調和という意味、
1830年に公式名称になる)広場の真ん中に聳え立っている。

現在はその名の通り平和な広場で、ここからシャンゼリゼ
通りとルーブル美術館につながるチュイルリー公園と続いて
おり観光&デートにピッタリな場所。

すぐ近くには観覧車や出店もあり一息つくにもピッタリ。


一息ついてきました。生クリームたっぷりのワッフル!美味っ

   *******************

   (Part2へ続く・・・)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:
きう
職業:
元・学生
趣味:
映画と旅
イギリス留学の思い出日記。
(2005年8月~2006年6月)
海外旅行の日記もあります。
コメントいつでも大歓迎!
ブログ内検索
バーコード
忍者ポイント広告
Copyright © plus Q +++++ イギリス留学日記 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]