忍者ブログ
イギリス留学の近況報告兼備忘録。
  • « 2017.10.
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
[57]  [59]  [56]  [55]  [42]  [41]  [38]  [40]  [37]  [36]  [35
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1月2日~1月6日までの5日間スペイン4都市制覇の
怒涛の旅の中での見たこと・思ったこと。

スペイン人の生活リズムやパリ旅行も合わせた10日間の
旅を交通費・宿泊費・食費などの期間中に使った全額の
合計を12万円以内におさめるテクニックなど、どうでも
いいかもしれないこと盛りだくさんでお届けします♪

★生活編★
日本人が働きすぎ・・・?
 スペイン人にとって午後2時~4時はシエスタといって
 お昼休みの時間。言葉の意味は昼寝ですが、現在は家に
 帰って家族とランチを食べて団欒する時間のようです。
 
 もちろんお店で働く人も例に漏れず、みんなお昼休みを
 とるためにシャッターを下ろし街は静かになり、シエスタの
 時間が終わると、再び店に人が戻り街も活気づきます。

 この習慣、お昼は12時の私たちにとっては少し困りもの。
 「お昼ごはんだ~♪」といって、嬉々として12時ごろに
 ご飯を食べて「さあ、出かけるぞ!」と元気いっぱいに
 街に出かけても、お店は閉まるところが殆どで買い物が
 できない。

 今回は、観光メインでシエスタ被害を大きく受けることは
 ありませんでしたが、旅行をお考えの方はお気をつけ下せえ。

夜行性?
 そんな午後遅くにお昼を食べるスペイン人の皆さんの夜は
 当然遅くなります。

 夕飯と言ったら夜9時からっていう感覚で、レストランは
 少なくとも夜8時くらいにならないと開きません。

 これまた「夜9時以降の飲食は太る!」的な感覚の私たちに
 とっては困りもの。夕飯は開いているレストランを探して
 歩き回るか、開くまで待つ。

 ちなみに、フラメンコ・ショーなんかも夜9時や10時に始まり
 深夜1時まで続くっていうのが普通。

 情熱の国・スペイン。夜までお熱いですね!

★食事編★
朝食のお決まり!?
 チュロス&カフェ(ホットチョコレート)はスペイン人の
 朝に欠かせない!?油で揚げられた砂糖のついていない
 チュロスを甘いホットチョコレートにつけて朝から元気
 モリモリ・・・っていうのが定番(のよう)。

 私も見よう見真似で(ただのミーハーですが)朝から
 チュロスと甘~いホットチョコレートを頂いて胃もたれ
 おこしました笑

パン付ご飯メニュー
 スペインでレストランに入ると何も言わずともパンが
 ついてくる。だから、パエリアとパンでダブル主食なんて
 こともあり。でも、しっかりお代は別料金。(安いけど)

飲めや飲めや
 一日五食と言われるスペイン人。朝食・朝の間食・昼食・
 夕方の間食・夕飯といった具合。そんな彼らに欠かせない
 のがBAR(バルって発音する)の存在。食事と食事の間に
 BARに寄ってビールとタパス(おつまみのこと)を友達と
 一緒に楽しむ、っていうのが彼ら流!

うがい薬・・・?
 赤ワインにレモンなどのフルーツの果汁にシナモンの入った
 サングリアはお食事の共に大活躍。私もフラメンコ鑑賞時に
 正体を知らずに頂きましたが・・・なんとも不思議な味、と
 いうのが感想。サッパリ爽やかなお酒でした。

★気候編★
早く出て来い・・・
 夜行バス・ヘビーユーザーの我々にとって、大切な日の出の
 時間。暗くては行動のしようもないので、お日様が出るのを
 ひたすら待つなんてこともしてました(笑)

 日の出タイムは都市に寄って大分時差はありましたが、どこも
 午前8時の時点ではまだ暗く感じました。

その気持ちよく分かります
 真冬に関わらずタンクトップを着ている人が・・・!
 さすがに私はそこまで出来ませんが、よく晴れていて日差しが
 強いので(サングラスあったらいいな、って思うくらい)寒さ
 を感じる雰囲気でもありませんでした。ポカポカしているので
 アルハンブラ宮殿なんかでも、ベンチや建物の縁に寝転んで
 一休みしている観光客の姿も多かったです。

★交通編★
愛の語り合いですか・・・?
 夜行バスを待っている間、何度も流れてきたのが男の人と女の
 人のアナウンスのやり取り。男の人が「★△◎?」と何か
 問いかけるのに対して、女の人が「~。」と答える妙なもの。
 何かと思ったら、バスの出発時刻の案内だそうで。
 男の人が「次の~行きのバスの発車時刻はいつだ~い?」と
 言うのに対して、女の人が「20時6分よ。」みたいな。(本当に
 そんな感じでアナウンスが流れてたんですって!)

 なんとも軽妙でリズミカルなやりとりに、聞くたびに顔が
 にやけて仕方がなかったです。

揺れる揺れる~
 またまた夜行バス・ヘビーユーザー観点ですが、スペインの
 道路は寝づらい。場所に寄るのでしょうけど、私が使用した
 感じでは道路が凸凹していて車体の縦揺れが多くて安眠が
 出来ませんでした。どんな所でも寝れる、と自負していたの
 ですが(立ち寝の経験有り)今回はどうも寝付けず。

 それから基本斜線がひかれていないので、車の追い越しが
 激しいです。見ていてレースのようで、なかなか面白かった
 です。でも、ここでは運転したくないな~

★旅編★
個人旅行

 ツアーじゃないからこそ楽しめること。

  ①現地の人とのコミュニケーション
  ②好きなものを食べられる
  ③道に迷う

 はそのまま。ツアーならなんでも日本語喋れる添乗員さんに
 ついていくだけでいいけど、個人旅行だとそうはいかない。
 交通手段のバス・地下鉄の切符から食べ物の注文まで、すべて
 スペイン人の方々との直接交渉。・・・といっても、スペイン語
 の基礎もしらない私たちの武器は笑顔!!・・・じゃなくて
 ボディーランゲージです。あと、バスの予約など間違えられない
 ときに活躍したのが紙とペン。ローマ字と数字は英語と一緒なので
 単語並べて紙を見せ、ニコッとすれば万事解決。(何か違う)

 あんまり関係ないけど、スペイン人の方々に受けの良かったのが
 顔写真入りのクレジットカード。

 旅には欠かせないクレジットカードだけど、大学の生協で作った
 カードには若かりし頃の私の顔写真がくっついている。
 それを見た店員さんは「◎△■?」といいつつ、私の顔を指差し
 「はっは~」と愉快げ。しげしげ見つめた後、ついには後ろで
 仕事をしていた仕事仲間にまで得意げに見せびらかす。

 な、なにがそんなに面白いの・・・。
 
 もツアーに組まれたレストランでなく、自分の足と値段と
 直観を頼りに見抜いたレストランで食事を頂ける。ま、当たり
 ハズレはありますけど。スペイン料理と言ったら・・・と
 いうことで、「パエリア!」やら「トルティージャ!」やらと
 連呼しつつ、見つけるまでいくらでも歩き続けました。

 といってもパエリアは大抵どこの店にもあるのですが、面白い
 のはどこもメニューが一緒ってこと。名前だけがじゃなくて、
 写真まで一緒。つまり、手にしてオーダーするための媒体自体
 がどこも一緒ってこと。(分かりづらっ!)最初はチェーン店
 なのかと思ったら、どこ行っても同じメニューがある。でも、
 出てくる質と値段が違う。へぇ、へぇ・・・

 は意外な盲点!ていうか利点になるんですか、と聞かれそう
 ですが・・・。ツアーだと団体行動なので、どうしても自分の
 生まれた国の人たちに囲まれて現地の街の雰囲気を直に味わう
 ことができませんが、個人旅行なら今までも書いてきたように
 直接その土地を味わうことが出来る!

 その上、迷子になっちゃえばいうことなし!!(え)

 ガイドマップには載ってないような道を歩いて(彷徨って)
 現地に住む人々と(道を聞けそうかどか値踏みしながら)
 すれ違ったり、生活感あふれる住宅地を歩いて(迷い込み)
 観光地じゃ感じられない生のスペインを(完璧に迷ったと
 絶望的になりながら)感じることが出来るのです。

 個人旅行の楽しみ、理解していただけました?笑 

よくやりません?
 そんな個人旅行で難点なのが、美術館や歴史的に有名な建物に
 行っても、「へー」っと何も理解できずに見るだけで満足して
 終わってしまう可能性があること。

 そんなときに使えるのが「なりきりツアー客」の手!

 そのまんま、日本人ツアー客の団体を見つけたら一緒に周って
 いるふりをして、ガイドさんの解説を聞く!

 ・・・・せこっ!

憎めないヤツめ・・・
 何度も書いてますが、「夜行バス」です。良くも悪くも旅の友。
 
 悪友・夜行バス君

 その1 待ち時間が長い!
   朝も夜もいえたこと。朝は日の出までは行動の仕様がない
   のでお日様出るまで待ちましょうってことに。夜は夜で、
   どの観光地も大抵が夕方5~6時には終わってしまうので、
   夕飯を食べてしまえば行くところが無い。
   仕方が無いので、バスステーションで・・・ということで、
   夜8時から出発の12時過ぎまで4時間粘ったことも
   ありました・・・(遠い目)

 その2 お風呂が入れない!
   そのまんま。お年頃の女の子にはあるまじき・・・。

 その3 荷物の置き場がない!!
   ホステルとってないので、服・タオル・洗面用具など
   観光には必要ないまで持ち運ばなければならない。
   今回は手持ち鞄とそういった類のものが入った小型の
   スーツケースを持っていったのですが、どこを行くにも
   ガラガラとスーツケースを引っ張らなければならなかった
   のは辛かったです。丘の上にあるアルハンブラ宮殿では、
   どこも石畳、建物内は階段だらけの状態だったのですが
   出口に立っていた警備員のおじさんがスーツケースを見て
   グッ!と笑顔で親指を立ててくれたことを誇りに思います。
   (愚ッ!と嘲け笑って親指を立てたとも解釈できる)

 良き友・夜行バスさん

   安く済む!!!

   それに限ります。

  おかげさまで、パリ旅行もあわせて計10日間5都市訪問で
  食費・宿代・交通費すべて含めて12万以内におさめることが
  できました。

  それもこれも夜行バスのおかげ。

  この旅行中、合計45時間近くバスに乗ってた私たちはもう
  マブだちですよ☆

      *******************

こんな感じで終わります。(え)

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます!!

是非、次回のあなたの旅行計画にお役立てください♪笑
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
いや~、スペイン旅行は楽しかったね!!色々思い出すなぁ。でも、あの写真ブログに載せるなんて・・!ますます、一般的な華の女子大生から遠のいていく気がするわ(笑)
non 2007/02/20(Tue)22:57:05 編集
Re:無題
本当楽しかったね!!のんちゃんなくしては
ここまでス・テ・キな旅にはならなかったよ!!笑

あの写真は欠かせないっしょ☆

このブログを通して一般的な華の女子大生から遠のいて
スーパー(変人)女子大学生になっていくのんちゃんを
世界中に発信するお手伝いしてあげるよlol

次回も楽しみにしてるよ!
【2007/02/21 18:38】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:
きう
職業:
元・学生
趣味:
映画と旅
イギリス留学の思い出日記。
(2005年8月~2006年6月)
海外旅行の日記もあります。
コメントいつでも大歓迎!
ブログ内検索
バーコード
忍者ポイント広告
Copyright © plus Q +++++ イギリス留学日記 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog / ブログテンプレート by naminorito
忍者ブログ [PR]